元号って何?フィンランド人家族に聞かれて新年そうそうアタフタした話

2018年1月3日


明けまして おめでとうございます。

年明け早々の衝撃の出来事は、今年は日本では平成30年なんだってことでした。

日本とかかわる仕事でもしてない限り、外国に住んでいると『平成』とか書いてあるモノって、ほとんど目にしないわけです。なので、
「コレは平成でいうと何年なのかな。。」
とか思いをめぐらせることが、ほんとにない。

めぐらせてもパッと数字が変換されない。過去の話なのか、未来の話なのかってあたりから、ピンとこない。

どれくらいのヒドサかって、自分の日本の運転免許証をぴらりと目の前に置いてみても、それが西暦でいう何年に失効したのか、グーグルなしではわからないぐらいのヒドさ。


加えていうと、私の中では『平成XX年』は自分がフィンランドに引っ越した時点の平成25年でフリーズしてしまっているようで、自分が聞きなれない25以上の数字が平成のあとについていると、超絶未来の話に聞こえてしまう。

たとえば具体的に言うと、

先日めずらしく日本の会社の方と仕事でやりとりすることがあったときのこと。
先方に「それは平成32年ごろの予定でして。。」とか言われ、そのときは一応「ええ、そうですか」とかそとづらクールをよそおったものの、内心は

 なんだその超未来は!!
 そんなころには火星に人類上陸してんじゃないの?
 ていうか、火星でイモくらい栽培できてるんじゃないの?
 そんなビッグなビジネス展開の話だったのかこの案件は?!

思わず電話片手にふがふがとグーグル検索しましたよ!!
で、平成32年は2020年のことであり、ただの3年後の話であって、火星ビジネスについてまではたぶん心配しなくてよいということがわかり、すごくほっとしたという。。


そんな私なんで、

『平成30年 あけましておめでとうざいます』

とか言われたときの衝撃は、そうとうなものでした。

衝撃とおりこして、しんじられない。
これはガセネタなんじゃないか、もしくはジョーク、もしくはこれ言っている人はなにか間違えちゃったんじゃないか。そんなわけで、またしてもふがふがとグーグル検索したという。。。

気がすむまで確認して、ようやくホントに2018年は平成30年なんだと受け入れたら、今度はこの衝撃を誰かにいわずにおれない。
でも、日本の家族・お友達などに、

知ってた?!今年って平成30年なんだって!30だよ!!すごくない?!!!

って言ってみたところでだれも相手にしてくれなさそうなので、そのとき周りにいたフィンランド人のみなさん(今年のカト家、年越しはダンナ両親のサマーコテッジでダンナ一族と花火あげたりしてすごしていました)に言ってみた。

そしたら、みなさん、

「そもそも平成ってナニ?」


そりゃ、そうですよね。。。




そんなわけで、そもそも元号とはって説明しなくちゃならないハメになったんだけれど、みなさんだったら、どう説明しますか外国人に?

私は最初、明治から平成あたりはこうだったハズと記憶をたどり、

  • 元号っていうのは、日本独特の年の数え方です。
  • 天皇があたらしく即位するときに新しい元号がつけられます。
  • 天皇ひとりにつき、元号はひとつまでです。
  • 元号=天皇の名前ではないです。

と説明してみた。そしたら、ダンナから質問が。
  • じゃ元号の種類(これまでに使われた元号の数)は、これまでに存在した天皇の数だけあるってことですか?それは何個ですか?
  • 一番はじめの元号は、一番最初の天皇が即位したときのものですか?それは何ですか?

あああああーー メンドクサイけどいい質問だ!!

即答できるわけもないので、またインターネットにもどって調べましたよ。
そしたら、さきほどの私の説目はけっこうまちがっていたということが3分後には判明。。

  • 天皇があたらしく即位するとき以外でも、新しく元号がつけられる(同じ天皇だけれど、年号だけ変える)ということもありました。
  • ただ、現在は新しく法律ができたので、天皇ひとりにつき元号ひとつまでしかつけられません。
  • 元号(君主の即位によって名称が変わる年の数え方)っていうのは、日本だけでなく中国やベトナム、韓国にもあるようです
だから、
  • これまでに使われた元号の数は、これまでに存在した天皇の数とは一致しないし、
  • 時間がないので調べてないけど、一番初めの年号は一番はじめの天皇のものでは必ずしもないっぽいし、
  • ともかく今年はいまの天皇がプリンスからエンペラーになって30周年なんだって
と、ダンナはじめフィン人家族のみなさまに説明したのだけれど、

ぽかーん度合がひどい!!

そもそも、私の最初の衝撃の解説(もう何が衝撃だったんだかわすれた、ああ、『平成30年』って『未知との遭遇 宇宙の旅』レベルの未来の数字ってかんじしませんかって衝撃ね。。)から話がどんどんはなれてっちゃってるわ。

結局、日本人にとって天皇ってのはすんごい大事なのねえという印象をあたえてしまっただけになっちゃったもよう。この説明だったら、そうだわな。。。

でもともかく、天皇1人につき元号はひとつまでっていうのがきちんと今の法律になったのはつい最近の(平成になる直前)だったことだとか、第二次世界大戦後からそれまでは『昭和』って元号の使用に法的根拠がなかった話だとか、慶応以前は天皇即位以外でもばんばん元号変わってたこととか、今年はユダヤ歴だと5779年なんだとか、主に日本人相手なら今すぐつかえるトリビアをたくさん入手したので、私は満足です。次に日本に帰ることがあったら、飲み会でスキあらば披露していこうとおもいます。

それじゃ、また!


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


ダンナが私のパソコン知らぬまに初期化してくれたおかげでブログ更新しばらくできてませんでした。こんな私ですが今年もどうぞよろしくおねがします↑

2 件のコメント

  1. KATOさん、a happy new yearです。

    日本の年号に関しては、とっくにKATOさんの方が平均的日本人(定義はサテオキ)以上にお詳しいんじゃぁないかなぁと思いますぞ。

    大半の日本人は自分が生まれた年の年号は知っていても、制度そのものに関して、そこまでは詳しくはないハズです。

    あと、ご存知だとは思いますが、昨今のビジネスの世界ではいわゆる西暦が圧倒的なデフォルトで、ところが、公的な届け出などは年号法なる法律があるために届け出書類に必ず年号ベースの年を書き入れる必要があり、窓口でアタフタしてる人が結構いますぞ。

    平成は今年で終わるそうですから、来年以降は更にややこしくなるでしょうね。

    そうそう、フィンランドでのご家族の皆さんについでに干支の話もしてあげれば、さらに話がこんがらがって彼らには意味不明内容となって煙にまけたかもね。


    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます 干支は中国なんかでも使われてるからか、詳しくはなくとも「そういうのがある」くらいは知ってる人けっこういるんですが、元号は未知の世界で説明がたいへんです。。

      削除

Latest Instagrams

© Kato@Oulu. Design by FCD.