2016年5月7日

社内公用語は英語。そんなフィンランドの会社で『どね』って言われたらこういうことって話。



前にもちょっと書いたけど、うちの会社では英語が公用語ってことになっている。

もちろん、本社がオウルの会社なので、社員はフィンランド人が圧倒的に多い。
他の国にある支社もあわせても、おそらく9割フィンランド人。

それでも、社内公用語が英語ってルールなことにはかわりないので、ものすごい特殊な事情がないかぎり、すべての文書は基本的に英語でのこすことになっている。
全社向けじゃない『ワタシとアナタのやりとり』の延長上にあるメールやチャットのやりとりならフィンランド語のこともあるけれど、基本的に報告書だとか社内プレゼン資料とかだけじゃなく、社内イントラの雑談ブログも、ともかく口頭じゃない形で全社的に残るものはぜんぶ英語。

ただ、しゃべるほうはちょっとちがう。
フィンランド語のことが圧倒的に多い。

非フィンランド語人口の割合が大きい会議や、フィンランド語キャパシティー・ゼロな社員がその場にいるときは別だけれど、そうでなければ圧倒的にフィンランド語でものごとがすすんでいく。

私はフィンランド語オンリーでバリバリ仕事こなせるほどフィンランド語できないので、肝心な会議や研修のときはすきあらば英語でやってくださいとお願したりしている。

でも、お願いができない状況のときというか、お願いしてもナントかカントカ言ってスルーされてしまうときもある。あと、フィンランドに住んでるんだし当然フィンランド語できるんでしょといううむいわさない勢いでフィンランド語で押し切ってくる方などもいるので、そういうときはハラをくくってフィンランド語でなんとかするわけなんだけれど、

そういうときに、

『フィンランド語会話にもりこまれる外来語としての英語』

が、ときどきすんごいことになってて、アゴはずれそうになる。