握りしめるのはビール。町内会お掃除イベント的クリーニング・デイの話。

2015年5月25日



きのうはこちらは年に2度のシーボウス・パイヴァ、英語でいうとクリーニング・デイだった。

この、クリーニング・デイってのがなんなのかってのは以前何回かかいたので今日はざっくり省略してしまいたいのだけど、念のため解説すると、

この日には、
①市内各地で断捨離とリサイクルをかけあわせたフリマがそこらじゅうに出現するので、物色しにいく。もしくは自分も出店したければそのへんで自由にやってよい。

②クリーニングデイの文字通り、町内会のゴミ拾いイベント的な近所のお掃除イベントの招集がかかることもある。


去年の秋のシーボウス・パイヴァは、オウル中心部のいちばんフリマがたてこむ激戦区に友達と一緒にフリマを出店して、えらい楽しかった。そのときの売れ残り段ボールひと箱がまだ値札つきで我が家の物置にスタンバっているので、そのうちまたお店だそうかなとは思っているのだけれど、きのうは行かなかった。

出店どころか、物色にすらいかなかった。


なぜって、

天気がモーレツに悪そうだったから。。

数日前から、強風&強雨のダブルパンチな予報が出ていた。

クリーニング・デイのフリマは、基本、やりたい人が好き勝手に好きなとこにいきなりゲリラ的に店開きするので、基本、雨ざらし。

この強風今強雨予報に気が付いているのはおそらく私だけではないはずで、わざわざ雨の中、傘ひんまげながら物色に出向いたって、よっぽどMな人々くらいしかお店だしてないんじゃないのかって、私は思ったわけなのだ。

風がふいたら遅刻して、雨がふったらお休みなのはハメハメハ大王だけじゃないのだ!

勤勉実直なフィンランド人だって、雨がふったらお休みしたいにちがいないのだ!





てなわけで、きのう私は何をしていたかというと、②のご近所のお掃除イベントに参加していた。

うちは今、ダンナが独身時代に買った1階建ての長屋風の分譲アパートに住んでいる。
4戸がつながったタイプの長屋で、そっくりのがとなりにも2棟あり、全部で12戸がご近所さん。

家そのものは自分の持ち「家」ではあるけれど、共同部分(車庫とかごみステーションとか)の管理部分の関係があるので、日本の分譲マンションの管理組合的な役割を担う会社に共益費のようなものを毎月払っている。
(で、ここから、ゴミ処理費だとか除雪委託費とか、共同の芝刈り機のメンテ費とかもろもろが支払われているらしい)

こっちには、というか少なくとも私の住んでいる地区では、日本でいう自治会だとか町内会というようなものはない。回覧板も盆踊りも神社当番もないし、町内会の役員の当番に気をもむこともないし、町内会対抗運動会のリレー走者とかに指名されないかハラハラしたり、町内会の花見のジンギスカンで炭を瞬時におこせなくて恥をかくこともない(たとえが北海道人的ですみません)。

唯一近いのが、この長屋共同体グループで、年に1回お掃除イベント招集(とその後引き続き行われるアルコールあり懇親会)があり、年に1回住民の意見をまとめる集会的なもの(とその後引き続き行われるアルコールなし懇親会)がある。

運営は基本的に運営会社がやっているのだけれど、町内会長さん的な住民の代表世話人さんのような方もいらっしゃって、うちの場合、その世話人さんが3戸ある。
で、このクリーニング・デイという名のお掃除イベントや住民集会のとりまとめも、この世話人さんがいろいろ音頭をとってくださるのだ。


で、きのうの掃除イベントのお知らせも、世話人さんが先月のうちに、うちのポストに入れてくださっていた。




で、掃除イベントの首尾ですか?!


雨と強風で、掃除どころじゃなかったんですよ!!


車庫とごみステーションのはき掃除なんて、もう、掃いた3秒後にホコリもゴミももとの場所に着地してるわ、ゴミ箱洗おうにも雨ざあざあふっててホースで水かける意味がなんだかよくわからないことになってるわ、

開始10分後には、
すでにみんなの顔があきらめの色が見えてきた。。

あきらめの色が見えたどころか、全面的にあきらめ色に染まってた、うちら。

世話人さんがいるとはいえ、彼らは作業指示をするとかそいういう役割ではなく、ゴミ袋を用意しておくとかそういう裏方的な役割に徹してらっしゃるので、基本的に住民それぞれ自分で何するか考えてそれぞれ自主的におもむろに思いついたはしから作業するのがうちのご近所のやりかたなんだけど、


モチベーションと自主性をなえさせる、この雨!

この風!


寒いし、ろくに掃除出来てない気がするし、なんなんだこれは!!


そんなみんなの気持ちを行動で表現したらそうなっちゃったのか、
開始15分後時点で、もう、みんなさん飲んでらっしゃる。
コーヒーとかいう子供の飲みもんじゃないですよ、アルコールですよ、ビールですよもちろん!

「はい、どーぞ」って、

世話人No1ネコ好きヒゲのおじさんカリが、車のトランクからビールの缶をいくつか私にわたしてくれたから、

「あ、缶ゴミですね、りょーかいです!ゴミぶくろにいれますね!」

って受け取ったらさ、もちろん中身はいってるし!

飲むんですよね、あたりまえですよね、アハハハっ!


そういえば、開始10分後には、ウイスキーのボトルもまわってきた。

(寒いからあったまろうと言って家になにかを取りに帰った世話人No2、得意技はウインクな男ペッカが家からもってきたのは、手袋でもジャンパーでもなく、このボトルだった)


というわけで、雨がヒドイときはビールを飲みながら雨風ない車庫やら物置やらの片づけをし、風と雨がゆるんだ一瞬の晴れ間にみんなでばばばばーっと外作業一気に掃除作業を片付け、だいたい1時間弱で解散した。

そして有志はそのまま世話人No2ペッカの家の庭のテラスでソーセージを焼いたりビールを飲んだりといった懇親会へ。ペッカの家がうちの一軒はさんだおとなりさんなので、私とダンナもそちらに流れた。

まあ、テラスでBBQったって、風がすごくてそうそうにみんなでペッカの家の中に退避したんだけど。。そしてそのままみんな夕方まで飲んだくれた。


主な話題ですか?

そりゃあアレですよ、今日の掃除に登場しなかったご近所さんのウワサ話に決まってるじゃないですか!

フィンランドでも日本でもどこでも、ご近所さんのウワサ話のネタはたいして変わらないのでございました。。




それにしても、ご近所関係がけっこうドライで稀薄だといわれるオウルなんですが、うちは気さくなご近所さんにけっこう仲良くしていただけててラッキーです。

ご近所さんの数々のおかしな武勇伝は、またいつか。

それでは、また!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

世話人No2ウインク男ペッカってなんなの?やつの武勇伝が
気になるかもよという方が多ければそのうちペッカに
書いてもいいか聞いてみようと思うので、読んでみたいと
思っていただけたら応援クリックいただけると嬉しいです。↑



コメントを投稿

Latest Instagrams

© Kato@Oulu. Design by FCD.